ギャラリーフォースクエア/本物志向の備前焼作家 藤原史暁氏(人間国宝 藤原啓の孫)の作品取扱。



 

fumiake.png藤原史暁(ふじわら ふみあき) 略歴
昭和38年:岡山県都窪郡早島町に生まれる。 昭和57年:藤原敬介に弟子入りする。 昭和58年:敬介の長女美砂と結婚、藤原史暁と改姓する。以後、敬介の片腕となり勉強の傍ら秘書を務める。 
平成元年:鼠志野を中心として美濃系の焼物に取り組む。ドイツ、フランス、イギリス、イタリア等遊学。 
平成4年:啓酔会のメンバーとなる。韓国を視察。 平成5年:髙島屋横浜店にて、桃の里藤原敬介、児島塊太郎、藤原史暁三人展に初出品。「鼠志野大壷」が岡山県美術展奨励賞受賞。備前の持つ自然の変化、志野の持つ独特の柔らかさを取り入れた「備前志野」の作品に取り組む。 平成6年:日本工芸会中国支部展入選、以後毎年入選。東京日本橋髙島屋にて、「啓酔会」展に出品。岡山県美術展入選、以後毎年入選。岡山天満屋にて「藤原史暁デビュー展」を開催。藤原史暁後援会発足。 平成7年:近鉄百貨店奈良展、山陽百貨店、広島天満屋にて個展開催。 平成8年:福山天満屋、松山いよてつそごうにて個展開催。備前陶心会入会。 平成9年:備前焼の初窯を出す。横浜髙島屋、いわき大黒屋、前橋スズランにて個展開催。 平成10年:神戸大丸、髙島屋米子店にて個展開催。日本伝統工芸展入選。 平成11年:備前志野の初窯を出す。岡山天満屋、いわき大黒屋にて個展開催。藤原啓生誕百年記念親子展を各地にて開催。 平成12年:丸広百貨店にて個展開催。 平成13年:髙島屋なんば店、米子店にて個展開催。 平成14年:髙島屋横浜店にて個展開催。 平成15年:(社)岡山青年会議所理事長、親子展を各地にて開催。 平成16年:JR名古屋髙島屋、髙島屋米子店にて個展開催。 平成17年:天満屋岡山店、髙島屋なんば店、いわき、横須賀さいか屋にて個展開催、親子展を各地にて開催。 平成18年:岡山城学校の講師を勤める(20年度まで3年間)。岡山市の陶芸教室の講師を務める親子展を各地にて開催。 平成19年:髙島屋横浜店、JR名古屋髙島屋店にて個展開催。 平成20年:髙島屋なんば店、天満屋米子店にて個展開催。 平成21年:下関大丸、髙島屋新宿店にて個展開催。

kamataki1.png
備前焼と志野ブランド
備前焼は、釉薬(うわぐすり)をいっさい使わず素焼きで長時間(約1週間から2週間)じっくりと松割木で焼き締めていきます。その為、少しくらい強く叩いても割れない強度があります。備前焼の特徴として代表的な事は、水の保存性が大変優れていて花瓶に活けられた花は美しさを引き立て、花の寿命を延ばすと言われているほか、ビールやお酒の風味も一層引き立てます。備前焼の代表的な焼き方は、胡麻(ごま)、桟切(さんぎり)、緋襷(ひだすき)、牡丹餅(ぼたんもち)、青備前(あおびぜん)、白備前(しろびぜん)とありますが、藤原先生は、これらの他に「備前志野」と言う独自のブランド技法で取り組んでおられます。作品に志野の釉薬(ゆうやく)をかけ、鞘(さや)には入れず、直接火にあてる技法です。それにより、松割木の灰が自然釉として作品の表面にさまざまな変化を生みだします。備前焼の持つ自然の変化と志野の柔らかさを取り入れた独自の焼きものです。

窯焚きイメージ

緋色の美しいフリーマグ
今回ご紹介させて頂く作品は、緋襷焼きのフリーマグカップです。備前の土で、藤原先生が1つ1つ心を込めて制作しています。美しい焼き色もそれぞれに味があり、このマグカップでお酒を呑むと、まろやかでとても美味しく頂けます。本物志向の備前焼を、是非この機会にご堪能下さい。
緋襷焼とは器同士がくっつかないように器と器の間に藁(わら)を入れたり、または縛ったりする焼きの事を言います。その際、藁が燃える際に生じる薄茶色の緋色の美しい焼き色が「たすき」のようにかかった模様からこの名前が付きました。余談ですが、昔は個人専用の窯が無く、共同窯を使用していました。狭い窯で多くの作品を焼くと作品同士がくっつく為、間に藁を入れて焼いていました。その際、作品に襷(たすき)のような模様が偶然出来たのが「緋襷焼き」の始まりと言われています。

freemagu1.png





備前緋襷フリーマグ
口径8.8㎝×高10.5㎝
限定数100
7,000円(税込)                   ご注文はこちらより

freemagu2.png





備前緋襷フリーマグ 手付
口径8.8㎝×高10.5㎝(本体寸法)
限定数100
7,500円(税込)                   ご注文はこちらより

freemagu3.png





備前緋襷フリーマグ(2個入)
口径8.8㎝×高10.5㎝×2個
限定数100
12,000円(税込)                  ご注文はこちらより

freemagu4.png





備前緋襷フリーマグ 手付(2個入)
口径8.8㎝×高10.5㎝×2個(本体寸法)
限定数100
12,500円(税込)                   ご注文はこちらより


※作品の桐箱には、藤原先生の落款とロットナンバーが記載されています。
※手作りの作品のため、見本の写真とは多少の差異がございます。